役者紹介 服部晃大

あっという間に千秋楽になってしまいました。
最近は10日間くらいの公演が多かったので、4日間というのはちょっと短くて寂しいですね・・・。
でも残り2回、全力で頑張ります!

さて、役者紹介4人目は服部晃大さんです。
私は服部ちゃんと呼んでいます。知り合ったのはもう15年くらい前でしょうか。
たんじさん達と一緒に活動していた「シンビアン」という所で共演し、それから日穏の第1回、第2回公演にも出演してくれています。
なんと初演の「初恋」にも第3話の和男の役で出演してます!
今年の夏までニューヨークに住んでいたのですが、コロナの事もあって一時帰国している合間に出演してもらう事になりました。

愛に溢れていて、すごく真面目で、いい意味の不器用さを持っているチャーミングな服部ちゃん。
昔から全然変わらぬ魅力的な方でございます。

今回も小道具作りを率先して手伝ってくれたり、汗っかきのみのりんが幕間に暑いよぉ~!と叫んでると、近くで一生懸命あおいであげたり、とても気が利いて頼れる紳士なのです。
今回 、10年ぶりにまた共演することが出来て、本当に嬉しく思っています。
さぁ、ラスト2ステージ、よろしくお願いします!





役者紹介 中島愛子

続いては、日穏には「夕顔」「星の砂」に続いて3度目の出演となる、劇団張ち切れパンダ所属の中島愛子さんです。
服部君が紹介してくれます。

中島愛子さんを紹介させていただきます!

パワフル!どっからそんな力強い声が出てくるのか。半端ないです。
初対面時に大きな微笑みでご挨拶され、本当屈託のない真っ直ぐな愛子さん。
お会いして3週間。いやー、とても不思議な魅力の持ち主!

まず、びっくりするくらいパワフル。そして抜群の安定感。この2つの能力、はい、多分どんな役者も欲しい才能です(泣)
普段の愛子ちゃんは、逆に穏やかでふんわり。稽古帰りの電車が、いつも同じ方向なので、たわいのないことを話すのだけど、知らず知らずのうちに私がベラベラ喋ってる。
「うんうん、、、へー、そうなんですかあぁ?」
あれ?私、人生の大半は聞き役だったのに、本当に聞き上手の愛子ちゃん。
稽古場ではいろんな歌をしょっちゅう歌ってる。主演の、みのり兄さんも大の歌好きだから2人ではいつも歌談義。そして、ドキッとしたのは舞台に出る前の直前の「鋭い目」。静かに獲物を見据えているような強く迷いのない眼。只者ではありません!

是非舞台で彼女の魅力、要確認ですっ!

役者紹介 岩瀬晶子

「初恋2020」昨日、無事初日が開けました!!
たくさんのお客様にご来場頂き、感無量です。
このまま千秋楽まで突っ走ります!!

さて続いての役者紹介は、私、岩瀬晶子について、相手役を快く引き受けて下さった伊原農さんが書いてくださいました。あ、この写真は・・・(笑)

あっこちゃん。
日穩の主催で作家で女優で、バイリンガルでナレーターで司会も熟し、ジョニーデップと一緒にレッドカーペットも歩き、とちぎ未来大使を務め、おまけに美人で、4人兄妹の末っ子。
完璧じゃないですか!
しかも、性格は男前と来たもんだ。

そんな、彼女から相手役を頼まれる。日々プレッシャー。日々不穏。

そしてそして、まあまあなドジっ子。駅の階段で転んだり、全然知らない人のペットボトルの水を飲んでたり、しょっちゅう探し物はなんですか?状態。
男性としては守りたくなる。
もう、そりゃ完璧じゃないですか!!

おまけにナイスバディ

そんな、あっこちゃんと『初恋』。
老いらくの恋にならない様に、新鮮に若々しく!!
皆さま、心よりお待ちしています。

「初恋」役者紹介 伊原 農

いよいよ「初恋」、今週の木曜日から本番です。とても面白くなっています。
皆さん、是非お見逃しなく!!
では、本番前恒例の役者紹介です。
今回、4本のオムニバスのすべての作品で色々な顔を見せてくれる伊原農さんを、愛子ちゃんが紹介してくれます。

みなさま、こんにちは。中島愛子です!
伊原農さんのご紹介をさせていただきます。
農と書いて「みのり」さんとお読みいたします。なんとも素敵なお名前ですね。
私は「みのりん」とお呼びしております。前回の日穏『オミソ』に続いてのご出演です!
ハイリンドという劇団のメンバーでいらっしゃいます。「ハイリンド」漢字で書くと「入人」だそうです。現在は劇団員3人でいらっしゃるのですが、結成当時は男2人女2人で、男2女2といえばABBA、じゃあ同じように漢字で何かないかということで「入人」となったそうですよ!!

みのりんさん、決してワーワー賑やかな方ではないのですが、とてもユーモアに満ちた方であります。豆知識クイズを出してくれたり、アプリでおもしろ動画を作ってくれたり、色々と楽しませてくださいます♪さらには、さすが劇団をまとめていらっしゃるだけあって、とても頼れるお方でもあります!!そして、ご本人曰く、とてもポジティブで、人生右肩上がりで今が一番最高に幸せだそうです。素晴らしい!!!!

私は、みのりんさんと今回初共演です。みのりんは今回、主宰のあっこさんと4話全てにご出演です。あんなみのりん、こんなみのりん、色んなみのりんが観られますので、乞うご期待です!!

それでは最後に写真館。真面目に凛々しく稽古をしているみのりんと、真顔でお茶目にポージングみのりん、そしてアプリで変身アイドルみのりん(髭)です。
どうぞ~♪


アートにエールを!

東京都の芸術家支援プロジェクト「アートにエールを!」に動画が登録されました。
これまでの日穏の作品をすべて振り返り、お世話になっているスタッフやキャストの方々のインタビューなども交えた映像です。
是非ご覧下さい!

https://cheerforart.jp/detail/3443

カテゴリー: blog

「日穏のあゆみPart2」をアップしました

ずっとやらなければと思っていた「日穏のあゆみ」のアップデート。
スライドショーでこれまでの日穏作品を紹介しています。

昔使っていたWindowsのムービーメーカーが無くなってしまい、なんとかSONYのMovie Studioで編集して作りました。
こういうのって、誰かに横で教えてもらえれば結構すぐに覚えるんだけど、いかんせんそうもいかず、本を見ながらやったりするのが苦手なもので、ああでもないこうでもないと試行錯誤の連続!
Youtubeで調べてもピンポイントで知りたい情報が載ってないし、習うより慣れろだ!!ってな事で頑張りました。
たかがスライドショーで・・・って笑われそうですが、音楽と絵の切り替えを合わせたり色々こだわりだすと、ど素人には一筋縄ではいかないのです。

これを続けてやっていれば上達するようになるんだろうけど、そんなに編集する機会なんて無いしなぁ・・・。

ちなみに「Part2」の音楽は、岩瀬の小・中学校の同級生でピアノの先生をやっている松原恭子さんに作曲&演奏していただきました。
「夕顔」のDVDのエンディングで流れる「夕顔の花」ピアノバージョンも弾いてくれています。

持つべきものは才能豊かな幼なじみ(^^)
ありがとう!!

まだまだ「Part3」「Part4」と続けていけるように頑張ります!!

 

 

カテゴリー: blog

ベルリン国際映画祭に岩瀬が参加!

2020年3月21日に、ドイツのベルリン国際映画祭で行われた映画「MINAMATA」の世界プレミア上映に、出演している日穏主宰の岩瀬晶子が参加。
主演のジョニー・デップさんや真田広之さんと共に記者会見に参加し、レッドカーペットを歩きました!
日本での公開はまだ未定ですが、是非お楽しみに。

カテゴリー: blog

役者紹介 岩瀬晶子

役者紹介、ラストは日穏の主宰、岩瀬晶子です。
菅井玲さんが紹介してくれます。

恐れ多くも私から紹介させていただくのは、
皆さまご存知、
日穏-bion-主宰の岩瀬晶子さんです。
日穏では企画・脚本・出演。
今回の「明日花-あしたばな-」では演出のたんじさんが出演シーンが多いので、アッコさんもバシバシ演出してくれています。
(なんと和田さんの前髪カットまでもアッコさんがされました^^)
脚本家として、テレビドラマ「警視庁捜査一課9係」「特捜9」などの脚本を書き、
女優として、テレビドラマや映画やCMに多数出演し、
そして別名義(藤本ケイ)でフリーアナウンサーと司会も務めると、大変幅広く活躍されています。

わたしとアッコさんとの出会いは2006年、
心日庵公演「楽園の東」に私が初舞台でお世話になったことがキッカケでした。

その時はアッコさんがお姉さんの役で、たんじさんはお兄さんの役で、兄弟の設定でした。
心日庵で看板女優であったアッコさんは優しく頼りがいのあるお姉さまで、憧れそのものでした。
その後も心日庵、そして日穏の公演を観劇に行くたび、素敵な時間を過ごさせていただきました。

今回14年ぶりの共演で、アッコさんの繊細なお芝居と所作、そしてお人柄を間近で観ることができ、勉強させてもらってます!

14年ぶりにご一緒して今まで何やってきたんだろうと凹んでばかりいましたが、
アッコさんとたんじさんに丁寧に演出していただき、座組の皆さんにもアドバイスを頂いたりして約一ヶ月過ごしてきました。

是非観に来て下さい!
劇場でお待ちしております!

役者紹介 たんじだいご

水曜日に初日を迎え、今日で4日目です。
お陰様でたくさんのお客様からお褒めの言葉をいただき、とても嬉しく思っています。
2月9日までやっていますので、ぜひお見逃しなく!

さて、ちょっと間が空きましたが、出演者紹介。
続いては、演出で出演者でもあるたんじだいご氏。

今回は出演場面が多いため、出番の少ない岩瀬が途中から演出になってましたが・・・(^^;)
ここまで二人三脚でやってきましたからね。

おっきーこと、沖原一生さんが紹介してくれます。


皆さまこんにちは、この度、日穏-bion-さんの「明日花」に参加させていただいてます、沖原一生(いっせい)と申します。

僕がご紹介させていただきますのは、「明日花」演出も手掛ける「たんじだいご」さん。

小柄な方でありますが、たまに海より広く見える背中になります。

背中に鬼が見える時もあります。

酒席でグニャグニャな背中の時もあります。

親父の背中を見て育つ、と言いますが、たんじさんの背中はとても大きいです。
愛のある素晴らしい方だと思います。
たくさんの方がたんじさんの背中を見て育っていってるんだろな、と想像します。

僕も勝手に見ています。

今回、そんなたんじさんと密に関わらせていただいて、幸せです。

「明日花」出演のきっかけを下さったたんじさん、ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

沖原

セットを作っている時は職人の顔になるたんじさん。
カッコいいです!!