チラシ画像UPしました

昨日、キャストの初顔合わせがありました!
とても素敵な面々で今から稽古が楽しみです。

そして遅まきながらですが、次回公演のページにチラシ画像を載せました。
レイアウト等のデザインはいつもお世話になっている(株)マッシュルームデザインさん。
そして、今回表面のイラストは、出演者の一人、北野愛ちゃんが描いてくれました!

色々想像させてくれる素敵な絵ですよね~。
是非こちらからご覧ください。→次回公演

ついでにチケットも申し込んじゃって下さいませ~(笑)

「星の砂」贈人

昨日、無事初日が明けました!!
9月2日まで突っ走ります!

役者紹介、最後はわたくし岩瀬が、贈人(ぎふと)さんをご紹介します。

贈人さんが日穏に初めて参加して下さったのは、2013年春に上演した「SUKIYAKI」でした。かれこれ5年のお付き合いとなります。
その間、「Gift」、「明日花」と出演いただき、今回で4回目。

本公演以外でも、昨年は「東京劇王III」と「神奈川かもめ短編演劇祭」で「観覧車」という短編に出演していただいたのが記憶に新しいのではないでしょうか。
演劇祭の審査員を務めていた、劇団キャラメルボックスの成井豊さんに、セリフが全て聞こえて素晴らしい役者さんとべた褒めされてました。

贈人さんは、とにかく濃いです。

色んな役がこなせる方ですが、何をやっても存在感が半端ない!
そんな中でも悪役はぴか一です!
説得力のある悪役を魅力的に演じられる人ってなかなかいないのですが、贈人さんはそれができる役者さんです。

今回もそんな強面の贈人さんが本領発揮してますが、素顔のぎふんちゅ(あ、私はこう呼んでます)は、とっても気さくでお酒好きなあんちゃんです。

笑顔も可愛いのです。

日本語で話しかけていいものかどうかちょっと戸惑いますが、日本語は堪能です(笑)。
ただ、今回使っていた十条の稽古場近くには、同郷と思われる方々のお店がたくさんあり、すれ違うと必ずふり返られると言ってました。

名前も顔も無国籍な贈人さんの悪っぷりを、どうか劇場まで観に来て下さい。

「星の砂」中島愛子

さぁ、いよいよ今日「星の砂」初日です!がんばるぞ~!!

そしてまだ役者紹介は続きます。お次は、昨年に引き続き二度目の日穏出演となる、中島愛子さんです。
日穏ではおなじみの贈人(ぎふと)さんが紹介して下さいます。


皆様、こんにちわ。
私、贈人が、僭越ながら中島愛子さんを紹介させて頂きます!

劇団張ち切れパンダに所属の女優さんです。
日穏では、昨年の「夕顔」に続き、2回目の出演です。

皆から愛されキャラの愛子ちゃん。
(この人を、嫌う人なんていないんじゃないかと思います)

この子は稽古とかいらないんじゃないかと思う位、毎回、何でもサラリと芝居する愛子ちゃん。
(天才なんじゃないかと思うくらいです)

「わたし、クズなんです!」とキラキラの笑顔で言い切る愛子ちゃん。(絶対クズじゃないと思うけど、カッケーなぁ)

そんな素敵な彼女が出演する、日穏 10周年記念公演 「星の砂」に是非お越しください!

心よりお待ちしております!

 

「星の砂」内浦純一

続いての役者紹介は、日穏出演は4回目となる主演俳優、おなじみの内浦純一さんです。
美幸さんが紹介して下さいます。


みなさま、こんにちは!佐野美幸です。

「星の砂」初日が近づいてきました。
もうすぐ、下北沢でお会いできますね!
ドキドキ、ワクワクしています♡

役者紹介、今回は内浦純一さんです。

私は4年前の日穏公演「gift~星空の向こうから」で内浦さんと初めて共演させていただきました。
その時のキャストは20数人いましたが、内浦さんの存在感、芝居への真摯な姿、他人への配慮や優しさ…そして爽やかな笑顔がいつも稽古場に溢れていたのを、今でもはっきり記憶しています。
そんな内浦さんですから、本当に大勢ファンの方々がいらっしゃいます。

日穏ファン、うっちーファンの方は、老若男女問わず…!国籍問わず…!

(私は内浦さんを「うっちー」と呼ばせていただいてます。「純ちゃん」と呼んでる方もいますね。)

先日、稽古場へ行く道すがら、大きな荷物を持っていたら「これ持つよ。」と優しいうっちー♡

稽古終わると、ハイボール美味しそうに飲んでるリラックスうっちー♡

役柄で、眼鏡かけてる姿がキュートなうっちー♡

富山出身のうっちー♡

「星の砂」での…あんな場面、こんな場面のうっちー♡

今回はどんな内浦さんが舞台上に現れるでしょうか!?
(気になりますよね?)

今はぐっと堪えて、ここに書くのは控えておきますので、本番を楽しみにしていてください。

「星の砂」下北沢「劇」小劇場 8/24~9/2です。
ぜひ、内浦純一さんに会いに来てください。
アナタは「うっちー」を大好きになるに違いないです。

 

 

「星の砂」森田 学

続いての役者紹介。初参加の森田学くんです。
うっち―が紹介して下さいます。


みなさん、どーもー!内浦純一です。
星の砂の本番に向けて、毎日みんなで精進しております!

今回は日穏、初参加の森田 学(がく)君の紹介をさせて頂きます。

みんな、「がっくん」と呼んでます。

がっくんは、ミュージシャンとしてもアルバムをだしたり、色々なライブやイベントで歌うなど、マルチな才能を持っています。

がっくんが稽古場で笑ったり、ギター弾いてたり、鼻歌歌ってるだけで、すごく幸せな空気が流れます。

僕はがっくんのなんともいえない優しい、声が大好きです。

芝居の時の声。

歌っている時の声。

稽古場での笑い声。

あ!今も稽古場からがっくんの笑い声が・・・。

さて、稽古にもどります。

みなさん、劇場でがっくんの世界を堪能して下さい♪

「星の砂」たんじだいご

続いては、日穏の旗揚げからずっと岩瀬と二人三脚で作品作りをしてきて下さった、たんじだいごさんを、初参加の森田学くんが紹介してくれます。


たんじさんのご紹介を担当させていただくことになりましたが、演出家としても俳優としても素晴らしい方だということは、みなさんよくご存知だと思いますので、僕の個人的な見解「たんじさんの好きなところ」を10個挙げさせていただきます。

①ちょっとしゃがれた味わい深いあたたかい声

②ハーフパンツにTシャツで自転車に乗る姿が少年のよう

③昔の名優の話をする時の目の輝き

④疲れがピークに達すると変顔し始める

⑤灰皿やスリッパを投げつける演出家じゃない(笑)

⑥役者を信じてくれる

⑦アッコ(岩瀬)さんのトチリに対して

「ひゃっひゃっひゃっ」と誰よりも

嬉しそうに笑う子供っぽさ

(アッコさんとの信頼関係あってのものだなぁと微笑ましくなります)

⑧LINEスタンプの代わりに自撮りの写メを使うところ

⑨子供の頃のあだ名が「たんこぶ」だったこと

⑩作品に「人情味」「あたたかさ」「奥深さ」を出すための魔法が使えるところ

たんじさんの演出に触れさせていただくことで、「人生って、人間って、人とのふれあいって、なんて味わい深く素敵なことなんだろう。」と気づかせていただく瞬間がたくさんあります。

今回の「星の砂」でも、観ていただくみなさんにそんな味わい深い風合いを感じていただけると確信しています。

きっとたんじさんって、誰よりも「人情味」を味わいながら生きてこられたんだろうな。

たんじさんの人生って羨ましいほど素敵です。

僕も人生味わいきりたいな。

たんじさんに憧れてる人、たっくさんいること僕は知ってます。

そんな  たんじだいご  さんは今回は「町会長さん」役です。

みなさん、お楽しみに。

日替わりゲスト

金曜日から始まる「星の砂」公演には、日替わりゲストが登場します!
今まで日穏に関わって下さった役者の皆さんと、スペシャルゲストとして歌手の沢田知可子さんが出演して下さいます!
どうぞお楽しみに!

24日(金) 19:00 山田将之さん
25日(土) 14:00 紺野相龍さん
25日(土) 18:00 本田和大さん
26日(日) 14:00 田辺日太さん
27日(月) 14:00 堂免一るこさん
27日(月) 19:30 平野貴大さん
28日(火) 19:00 山本南伊さん
29日(水) 14:00 田川可奈美さん
29日(水) 19:00 深津哲也さん
30日(木) 14:00 宮内勇輝さん
30日(木) 19:30 山中茂樹さん
31日(金) 19:00 増澤ノゾムさん
1日(土) 14:00 沢田知可子さん
1日(土) 18:00 沢田知可子さん
2日(日) 13:00 大橋芳枝さん
2日(日) 17:00 前川正行さん

「星の砂」岩瀬晶子

いよいよ今週金曜日から本番ですよ~!!
我々もラストスパート頑張ります!!

続いての役者紹介は、ふがいない主宰の岩瀬晶子について、同じ事務所のノンちゃんが書いてくれました。


みなさんお初にお目にかかります。
井上希美と申します。日穏の皆さんにノンと呼んで頂いております。

実は私、「SUKIYAKI」からの日穏ファン。まさかまさか10th anniversary公演に出演させて頂けるとは思っていなかったのですが・・・人生何が起きるかわかりませんね。

ご縁に感謝しかございません。精一杯つとめさせて頂きます。

さてさてそんな新参者の私が、「この方がいないと始まりません!」な、岩瀬晶子さん、あっこさんのご紹介をさせて頂きます!

あっこさんを一言であらわすと、

かわいいひと

です。

私のこだわり。漢字で可愛い、じゃなくて、ひらがなでかわいい、です。

実は稽古が始まるまでは、あっこさんのことを「きりっと美人さんだなー」と思っておりました。日穏の主催、脚本、主演女優。誰もが羨む多才なパーフェクト美女。おまけに英語堪能しかも才女ときました。す、隙がない…!

が、稽古が始まって知ったあっこさん→「お財布、落としすぎ」「鞄、電車に忘れすぎ」「ご飯、食べすぎ」(なのに華奢) 笑

演出家たんじさんとの夫婦漫才のようなやりとり。

作家として台本と、役者として役と、身を削りながら向き合う姿。

日々稽古場で目にする天然行動の数々、そんなあっこさんの姿をみた皆さんの温かい笑い声。

あるシーンで泣きすぎて毎回台詞が言えなくなるあっこさん。そしてそれを見守り心の中でエールを送るみなさん。

そんなひとつひとつの光景が、愛おしいです。

日穏の稽古に参加させていただき、ここはなんて温かい稽古場なんだろうと感じます。

でもね、あっこさんの周りに優しく温かい皆さんが集まる理由はすごく良くわかります。
あっこさんは愛情深く、人を愛し人に愛される、かわいいひとです。

そして出会わせて頂けてよかったと心から思う女優さんです。

・・・なんか、告白してるみたいで、照れますね。笑

きっと日穏を応援してくださっている皆様はあっこさんの魅力をご存知でしょうし、日穏初めましての皆様にも、『星の砂』を観ていただければ伝わるはずです^^
あったかくて、寂しくて、切なくて、優しくて、愛おしい。

この夏、日穏の新作『星の砂』をどうぞお楽しみに。
私も、いただいた大切な役を『星の砂』の中でいきいきと、生きていきます。
稽古も佳境、全力でくらいつきます!

以上、日穏初参加の井上希美があっこさんのご紹介をさせて頂きました。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました (ˆoˆ)


なんだかくすぐったいですが、ありがとうございます。
あ、ちなみに私、昨日も電車に携帯落として降りてしまい、真っ青になりましたが、次の駅でどなたかが駅員さんに届けて下さって、無事戻ってきました・・・(^^;)

「星の砂」井上希美

続いての役者紹介は、今回初参加で、最年少の井上希美さんです。
たんじさんが紹介して下さいます。


井上希美さんは、今回、日穏初登場です。

みんなにはノンちゃんと呼ばれています。(私はノンとよんでますけど(^_^;))

劇団四季の「美女と野獣」で主役のベルを演じた女優さんです。

なのでミージカル大好き少女だったのかと思いきや、高校では放送部で、NHKの放送コンクールで一年生で準優勝するなど、その才能は若い頃からあったのだな・・・

彼女が女優の道を選んでいなかったら、女子アナになって報道番組でニュースなど読んでいたであろう。

稽古中、ダメ出しすると、真っ直ぐな目で「ありがとうございます」とか「お願いします」とかの返事が返ってくる。
そういう返しに慣れていない演出家は、ドギマギするのだ(^_^;)。

そんな平成生れの彼女が、団塊の世代(終戦直後の第一次ベビーブームで生まれた世代)を演じます。

中華料理店の娘の役です。

店のメニューは、書道師範の資格を持つ彼女が書きました。