「日穏のあゆみPart2」をアップしました

ずっとやらなければと思っていた「日穏のあゆみ」のアップデート。
スライドショーでこれまでの日穏作品を紹介しています。

昔使っていたWindowsのムービーメーカーが無くなってしまい、なんとかSONYのMovie Studioで編集して作りました。
こういうのって、誰かに横で教えてもらえれば結構すぐに覚えるんだけど、いかんせんそうもいかず、本を見ながらやったりするのが苦手なもので、ああでもないこうでもないと試行錯誤の連続!
Youtubeで調べてもピンポイントで知りたい情報が載ってないし、習うより慣れろだ!!ってな事で頑張りました。
たかがスライドショーで・・・って笑われそうですが、音楽と絵の切り替えを合わせたり色々こだわりだすと、ど素人には一筋縄ではいかないのです。

これを続けてやっていれば上達するようになるんだろうけど、そんなに編集する機会なんて無いしなぁ・・・。

ちなみに「Part2」の音楽は、岩瀬の小・中学校の同級生でピアノの先生をやっている松原恭子さんに作曲&演奏していただきました。
「夕顔」のDVDのエンディングで流れる「夕顔の花」ピアノバージョンも弾いてくれています。

持つべきものは才能豊かな幼なじみ(^^)
ありがとう!!

まだまだ「Part3」「Part4」と続けていけるように頑張ります!!

 

 

カテゴリー: blog

ベルリン国際映画祭に岩瀬が参加!

2020年3月21日に、ドイツのベルリン国際映画祭で行われた映画「MINAMATA」の世界プレミア上映に、出演している日穏主宰の岩瀬晶子が参加。
主演のジョニー・デップさんや真田広之さんと共に記者会見に参加し、レッドカーペットを歩きました!
日本での公開はまだ未定ですが、是非お楽しみに。

カテゴリー: blog

役者紹介 岩瀬晶子

役者紹介、ラストは日穏の主宰、岩瀬晶子です。
菅井玲さんが紹介してくれます。

恐れ多くも私から紹介させていただくのは、
皆さまご存知、
日穏-bion-主宰の岩瀬晶子さんです。
日穏では企画・脚本・出演。
今回の「明日花-あしたばな-」では演出のたんじさんが出演シーンが多いので、アッコさんもバシバシ演出してくれています。
(なんと和田さんの前髪カットまでもアッコさんがされました^^)
脚本家として、テレビドラマ「警視庁捜査一課9係」「特捜9」などの脚本を書き、
女優として、テレビドラマや映画やCMに多数出演し、
そして別名義(藤本ケイ)でフリーアナウンサーと司会も務めると、大変幅広く活躍されています。

わたしとアッコさんとの出会いは2006年、
心日庵公演「楽園の東」に私が初舞台でお世話になったことがキッカケでした。

その時はアッコさんがお姉さんの役で、たんじさんはお兄さんの役で、兄弟の設定でした。
心日庵で看板女優であったアッコさんは優しく頼りがいのあるお姉さまで、憧れそのものでした。
その後も心日庵、そして日穏の公演を観劇に行くたび、素敵な時間を過ごさせていただきました。

今回14年ぶりの共演で、アッコさんの繊細なお芝居と所作、そしてお人柄を間近で観ることができ、勉強させてもらってます!

14年ぶりにご一緒して今まで何やってきたんだろうと凹んでばかりいましたが、
アッコさんとたんじさんに丁寧に演出していただき、座組の皆さんにもアドバイスを頂いたりして約一ヶ月過ごしてきました。

是非観に来て下さい!
劇場でお待ちしております!

役者紹介 たんじだいご

水曜日に初日を迎え、今日で4日目です。
お陰様でたくさんのお客様からお褒めの言葉をいただき、とても嬉しく思っています。
2月9日までやっていますので、ぜひお見逃しなく!

さて、ちょっと間が空きましたが、出演者紹介。
続いては、演出で出演者でもあるたんじだいご氏。

今回は出演場面が多いため、出番の少ない岩瀬が途中から演出になってましたが・・・(^^;)
ここまで二人三脚でやってきましたからね。

おっきーこと、沖原一生さんが紹介してくれます。


皆さまこんにちは、この度、日穏-bion-さんの「明日花」に参加させていただいてます、沖原一生(いっせい)と申します。

僕がご紹介させていただきますのは、「明日花」演出も手掛ける「たんじだいご」さん。

小柄な方でありますが、たまに海より広く見える背中になります。

背中に鬼が見える時もあります。

酒席でグニャグニャな背中の時もあります。

親父の背中を見て育つ、と言いますが、たんじさんの背中はとても大きいです。
愛のある素晴らしい方だと思います。
たくさんの方がたんじさんの背中を見て育っていってるんだろな、と想像します。

僕も勝手に見ています。

今回、そんなたんじさんと密に関わらせていただいて、幸せです。

「明日花」出演のきっかけを下さったたんじさん、ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

沖原

セットを作っている時は職人の顔になるたんじさん。
カッコいいです!!

役者紹介 本間 剛

役者紹介も終盤になってきました。

続いては、わたくし岩瀬が、「つよぽん」こと本間 剛(ほんま つよし)さんをご紹介します。

つよぽんは、とにかく笑顔がチャーミングで、大黒様のような方です。

こちら、担々麺を食べに行った時。
紙エプロンが赤ちゃんのよだれかけのようにも見えますが・・・

なんとも癒し系です。

大小様々な舞台に出演されていて、知り合いの役者達にチラシを渡すと、かなりの確率で「あっ、本間さん出てるんだ」と言われます。
顔が広い!!
ドラマやCMでもちょくちょく拝見します。
最近だと、年末にゆうちょ銀行のCMに出てましたね!!

そんなひっぱりだこのつよぽん、もちろんお芝居もとっても素敵です。
実は過去にも何度か日穏に出演していただきたくてラブコールを送っていたのですが叶わず、今回満を持して出ていただく事になりました。

そんなベテランの先輩役者さんなので、初めは粗相のないようにと少し緊張していたのですが…
いつからか歳下のうっちー&やんまコンビにいじられるキャラになっていました(笑)。
一見イジメにも見えるいじりを、それはそれは嬉しそうに受けていて・・・
根っからのMキャラだったんですねぇ。

今回のつよぽんの役は、中華料理店を営んでいる在日中国人・高さんです。
つよぽんの人の好さ、愛らしさが存分に発揮されていて、きっとファンが増えると思いますよ!
ぜひ、劇場に会いに来てください。

そしてたくさんいじってあげて下さい!!

役者紹介 和田裕太

今回は日穏-bion-初参加の役者さんが6人おります。
わだっちこと、和田裕太(わだ ゆうた)さんもその一人。
「Theatre劇団子」という劇団のメンバーとして活動しています。

和哉が紹介してくれます。


こんにちは。日穏初参加の山崎和哉です。
よろしくお願いします!

私が紹介させていただくのは和田裕太さん
皆からは「わだっち」と呼ばれています♩

この全身アディダス稽古着から見て取れるこだわりの強さ!!
ちなみにこのアディダスの下にもアディダスを着ていて、アディダスの上にもアディダスを着ていました…)

お芝居と役に対して常に研究を怠らず
試行錯誤し、挑戦し続ける男。

その背中を見て、僕も負けていられないと背中を押されるような存在です。

そんな和田さんが演じる博士(はかせ)役。
これまたこだわりが強く、とてもハマっております。まさに博士!

是非是非皆さま、お楽しみに!!
有難いことにお席も埋まってきておりますので、お早めのご予約お願い致します。

役者紹介 山﨑和哉

皆さま、初めまして!
宮後真美と申します。
私は山崎和哉さんを紹介させて頂きます。

かずやさんは、今回のカンパニーでは最年少!
お芝居をこよなく愛す、ストイックな武士のようなオトコです!

さて、稽古場にはいつも1番乗りなかずやさんですが、
いつも何をしているのかというと……..


体幹トレーニング!

うっちーさんにも鍛えられています

筋トレ!

残念ながら脱ぐシーンはありませんが、
中は凄いことになっているのでしょう、
ええ、きっと。

そんなかずやさんのお芝居を是非劇場でご覧ください!

個人的に、衣装が似合いすぎる!
と思っています。笑

こんなに昭和が似合う平成生まれは、
恐らく彼以外にいないでしょう。
ぜひともその目でお確かめください!
お席が満席の回も出てきましたので、
お早めのご予約をお待ちしております!
よろしくお願いいたします!

役者紹介 宮後真美

さて、稽古も残りあと2日!!ラストスパート頑張りますよ!
続いての役者紹介は、これまた初参加の宮後真美さんです。
やんまが紹介してくれます。


皆さまこんにちは。
山田将之です。
皆んなにはやんまと呼ばれています。

初演の明日花から、早5年。
なかなかタイミングが合わずに出演出来なかった日穏に
5年ぶりに参加できました。
この時期なら毎年出られるのにー、と
主宰のアッコに嫌味を言っています。

あ、自分の話ではなく、出演者紹介でした。
ではでは。
宮後真美さんのご紹介を。

宮後真美(みやご まみ)さん
ニックネームは、みや、もしくは
ごまみ、まみぴょん、みやごん、
やーみー、みやまみ、やみー、など
多彩なあだ名をもつ、女優さんです。

ニックネームより注目なのは
やはり、宮後と言う珍しい苗字!
初めてお目にかかったので、名字由来ネットさん
https://myoji-yurai.net/sp/searchResult.htm?myojiKanji=宮後
で、調べて見ました。すると。
【全国順位】 10,145位
【全国人数】 およそ720人
と、かなりのレアなお名前。

名前とかニックネームとかで、文字数かなり使ってるな。
人となりがまだ紹介出来てない…

改めまして、
宮後真美さん。

ぱっと見、切れ長の瞳と、落ち着いた佇まいと、バリバリの関西弁で
もうかなりのキャリアを積んでる女優さんに見えるのですが、
実は1年前にアップスアカデミーと言う俳優養成所を卒業したばかりの新人女優さんです。
しかし、新人らしからぬ度胸の良さはその辺の俳優さん顔負けで、
研究熱心な努力家の方です。

その反面、実は結構おっちょこちょいで
二段しか無い階段で足を捻挫すると言う
どうやったら此処でそんなに足捻れる?
と言う離れ業もお持ちの方です。

舞台が大好きで、将来は舞台で活躍する
実力派女優になりたいと言ってました。

そんな彼女は、持ち前の英語力を使い、観光に来て富士山に登る外国人の方のツアーコンダクターをしてたこともあり、富士山には何度も登っているそうです。
そのせいなのか、mont-bellをよく着ています。

なんて、他人行儀な紹介していますが、実は彼女と私の関係は俳優養成所時代の
生徒と先生という関係でして、卒業時にはいつか共演出来るといいな
なんて言っていたのですが、結構すぐに実現しました (笑)

養成所を卒業してこの舞台で彼女がどんな風に成長しているのか、
教え子としてではなく、いち共演者として、とても楽しみです。

ご観劇の皆様、演劇関係者の皆様、
是非、宮後真美をよろしくお願い申し上げます。
(やっぱり親心出ちゃうなぁ)

役者紹介 菅井 玲

続いての役者紹介は、菅井 玲(すがい れい)さんです。

かれこれ15年くらい前に共演して、この度初めて日穏に参加してもらいました。

紹介してくれるのは、我らが演出家、たんじさんです。


皆さん、こんにちは。たんじです。

菅井玲さんのことを稽古場では、レイチュと呼んでいます。

レイチュとは彼女が初舞台の演出をして、その公演で共演もしました。

なんと、私と岩瀬とレイチュは兄姉妹役でした。

あれが、レイチュの初舞台だったのね・・・

ずいぶんオトナになったもんだなぁ・・・などと、父親のような気持ちです・・・
って今回は、娘の役です。

彼女の初舞台の時に、彼女に貰ったDVDはもはや、わが家の家宝になってます(^^;;

皆んなで、栃木県の高徳花火さんに見学に行った時、レイチュは特大盛りそばをペロリと食べてました。

可愛い顔して、恐るべしレイチュの食欲(^^;;

間食は、あんまりしないんだそうな、だからお腹ちゃんと空くのね

そんなレイチュと私の演じる父と娘役、楽しみにしていてください

役者紹介 沖原一生

続いての役者紹介は、日穏-bion-初参加の沖原一生(おきはら いっせい)さん。
「Y.K OFFICE」所属の俳優さんです。

同じく初参加のわだっちが紹介してくれます。


初めまして!!
和田裕太と申します!!!

日穏さんには初めて参加させていただきます。
どうぞよろしくお願いします!

そんな和田が紹介させていただきますのは・・・

おっきーさんこと、沖原一生さん!!!

優しい笑顔の一枚、いただきましたーぁぁあ!!!

おっきーさんは、今回の出演者さんの中で、一番、
「役とご本人のギャップがある」んじゃないか、と思います。
あんまり書くとネタバレにもなってしまうので、深く言えないのがもどかしいですが・・・(╹◡╹)
そんなおっきーさん、先日お誕生日を迎えまして・・・
稽古場で、みんなでお祝いしましたー!!
サプライズを仕掛けて、
稽古で同じシーンを繰り返しやっている途中で、
電気が消えて真っ暗に!!
すると入り口から入ってくるケーキと、
聞こえてくる、「ハッピーバースデー」の歌!!
実は誕生日当日ではなく、次の日のお祝いだったので、
ご本人もビックリしていました^_^
大成功〜〜〜!!
暖かいカンパニーです(o^^o)
連日、本番に向けて稽古稽古でございます。
劇場でお待ちしております!!!
和田裕太