役者紹介 岩瀬晶子

役者紹介、ラストは日穏の主宰、岩瀬晶子です。
菅井玲さんが紹介してくれます。

恐れ多くも私から紹介させていただくのは、
皆さまご存知、
日穏-bion-主宰の岩瀬晶子さんです。
日穏では企画・脚本・出演。
今回の「明日花-あしたばな-」では演出のたんじさんが出演シーンが多いので、アッコさんもバシバシ演出してくれています。
(なんと和田さんの前髪カットまでもアッコさんがされました^^)
脚本家として、テレビドラマ「警視庁捜査一課9係」「特捜9」などの脚本を書き、
女優として、テレビドラマや映画やCMに多数出演し、
そして別名義(藤本ケイ)でフリーアナウンサーと司会も務めると、大変幅広く活躍されています。

わたしとアッコさんとの出会いは2006年、
心日庵公演「楽園の東」に私が初舞台でお世話になったことがキッカケでした。

その時はアッコさんがお姉さんの役で、たんじさんはお兄さんの役で、兄弟の設定でした。
心日庵で看板女優であったアッコさんは優しく頼りがいのあるお姉さまで、憧れそのものでした。
その後も心日庵、そして日穏の公演を観劇に行くたび、素敵な時間を過ごさせていただきました。

今回14年ぶりの共演で、アッコさんの繊細なお芝居と所作、そしてお人柄を間近で観ることができ、勉強させてもらってます!

14年ぶりにご一緒して今まで何やってきたんだろうと凹んでばかりいましたが、
アッコさんとたんじさんに丁寧に演出していただき、座組の皆さんにもアドバイスを頂いたりして約一ヶ月過ごしてきました。

是非観に来て下さい!
劇場でお待ちしております!

役者紹介 たんじだいご

水曜日に初日を迎え、今日で4日目です。
お陰様でたくさんのお客様からお褒めの言葉をいただき、とても嬉しく思っています。
2月9日までやっていますので、ぜひお見逃しなく!

さて、ちょっと間が空きましたが、出演者紹介。
続いては、演出で出演者でもあるたんじだいご氏。

今回は出演場面が多いため、出番の少ない岩瀬が途中から演出になってましたが・・・(^^;)
ここまで二人三脚でやってきましたからね。

おっきーこと、沖原一生さんが紹介してくれます。


皆さまこんにちは、この度、日穏-bion-さんの「明日花」に参加させていただいてます、沖原一生(いっせい)と申します。

僕がご紹介させていただきますのは、「明日花」演出も手掛ける「たんじだいご」さん。

小柄な方でありますが、たまに海より広く見える背中になります。

背中に鬼が見える時もあります。

酒席でグニャグニャな背中の時もあります。

親父の背中を見て育つ、と言いますが、たんじさんの背中はとても大きいです。
愛のある素晴らしい方だと思います。
たくさんの方がたんじさんの背中を見て育っていってるんだろな、と想像します。

僕も勝手に見ています。

今回、そんなたんじさんと密に関わらせていただいて、幸せです。

「明日花」出演のきっかけを下さったたんじさん、ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

沖原

セットを作っている時は職人の顔になるたんじさん。
カッコいいです!!